« シマアオジ ワークショップ(中国)参加報告会のお知らせ | トップページ | 「エゾユキウサギ跳ねる」富士元寿彦著(北海道新聞社) »

2017年2月 1日 (水)

最近読んだ本

http://kujira.tea-nifty.com/hanagara/2016/01/index.html

↑ この日以来の本です。昨年は、入院したこともあって いつもより少し多く読んだかも知れません。

「きよしこ」(重松清)「六条の御息所 二章」(林真理子)「花探し」(林真理子)「剣客商売」(9)(10)池波正太郎 「羊をめぐる冒険」(上 下)(村上春樹)「ふくわらい」(西加奈子)「漁港の肉子ちゃん」(西加奈子)「きいろいゾウ」(西加奈子)「なでしこ御用帖」(宇江佐真理)「三日月が円くなるまで」(宇江佐真理)「ノボさん 上下」(伊集院静)長嶋少年(ねじめ正一)「聖の青春」(大崎善生)

子クジラにもらった本もあるんだけど、西加奈子の「漁港の肉子ちゃん」は泣けた。「長嶋少年」もよかった。「聖の青春」は、入院中に読んで大泣きしてしまった。「ノボさん」は正岡子規のこと。伊集院静は、初めての作家。

それにしても一貫性のない本選び。皆さん お勧めの本はありますか?

「舟を編む」(三浦しをん)は、今、読んでる途中(病院の待ち時間に読む)

この次に読む本{将棋の子」(大崎善生)「マチネの終わりに」(平野啓一郎)(子クジラから送られてきた。

(1)

20170201_1_580

(2)

20170201_2_580

|

« シマアオジ ワークショップ(中国)参加報告会のお知らせ | トップページ | 「エゾユキウサギ跳ねる」富士元寿彦著(北海道新聞社) »

コメント

このところ、時代劇を、読み返していました。
御宿かわせみ(平岩弓枝)
剣客商売(池波正太郎)
鬼平犯科帳(池波正太郎)
今、藤沢周平に、掛かり始めたところです。

この間、眠狂四郎を読み返し始めたら、最早、面白くないことに、気が付いてしまいました。もちろん、変わったのは、狂四郎ではなく、私の方なんですが。

岳飛伝(北方健三)、文庫本が出揃ったので、読もうかなとは思っていますが、前の、水滸伝、楊令伝で、いささか疲れているので、思案中です。。。

投稿: 小坊主 | 2017年2月 9日 (木) 18時46分

池波正太郎は、koboさんのお勧めで読み始めたものです。
いいですね、気に入りました。

あまり、難しいものは読めません。
花柄レベルに、下げたものをお願いします。

投稿: 花柄 | 2017年2月10日 (金) 10時05分

池波作品は、時々、作者が出しゃばって来るので、それだけが難点です。
私は、作中に作者のコメントが出て来るのは、小説の本道とは思えなくて。

投稿: 小坊主 | 2017年2月10日 (金) 10時31分

藤沢周平、読みました?
まだであれば、とりあえず、「春秋の檻」を、お勧めしておきます。
風雪の檻、愛憎の檻、人間の檻、と、4部作になっています。
一人の青年の成長物語なので、読むなら、必ず、順番通りに読んでください。
途中で、人物設定が変容する部分もありますが、まあ、いい作品だと思います。

投稿: 小坊主 | 2017年2月10日 (金) 16時19分

藤沢周平は「橋ものがたり」「時雨みち」「春秋山伏記」「たそがれ清兵衛」だけです。
「春秋の檻」読んでみたいです。

投稿: 花柄 | 2017年2月10日 (金) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シマアオジ ワークショップ(中国)参加報告会のお知らせ | トップページ | 「エゾユキウサギ跳ねる」富士元寿彦著(北海道新聞社) »