2021年1月 2日 (土)

あけましておめでとうございます(2021)

2021

みなさま、あけましておめでとうございます。

いつも、あたたかいコメント ありがとうございます。

北の果ては、連日気温マイナス二桁の日が続いて 寒いです。

その寒さにも コロナにも負けず 今年は頑張りたいです。

今年も どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

| | コメント (3)

2020年10月30日 (金)

オオワシが来ています!

10月28日 オオワシ 成鳥6羽 オオワシ(若)9羽 オジロワシ 全部で 20羽+ 確認しました。

例年より、5日ぐらい遅い確認です。(行ってみる暇がなかったので)

(1)オオワシ成鳥 初認 いよいよ越冬地での生活が始まります!

16-700

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

「涯に咲く」完売しました!

句集なのか、写真集なのか、エッセイ集なのかわからない「涯に咲く」6月13日に、私の手元に 300冊やってきました。やぁ、こんなにもどうしよう、、、と、少し 慌てました。子クジラが「ネットストア」も 作ってくれて販売し始めました。その、ネットを見て 長崎、福島、北九州の方々も(みんな友人) 買って下さいました。また、クリスマスには、20年間もケーキを焼いて送ってくださる狭山市の方からも、ご友人の分まで、たくさん 買ってくださいました。東京の妹の友人も北海道出身の方々が景色が懐かしいと言って、本当にびっくりするほど買ってくださいました。たった、1冊の謹呈から、10冊以上も注文してくれた友人たち。感謝してもしきれません。

6月の末に、地元紙にも載り、7月17日には「北海道新聞」(留萌・宗谷版)にも載ったことから、地元の方々も、お電話下さり買いに来てくださいました。もう、いくら何でも、10冊は保存版にしようと寄せておきました。もう、香典返しは、先着10人しかありません。増刷もしないことにしたので、本当にこれで終わりです。皆々様、本当にありがとうございました。この本が、きっかけになり、お便りも頂き 旧交を温めあうことにもなり、出してよかったなぁ、と、思っています。皆々様が、お元気で過ごされている様子も知り、嬉しいことばかりです。感謝です。

(このお花は、蘭越町の友人 谷内ひさ子さんから)ありがとう!

追記

7月中に完売したことにより、もう増刷もしないことにしたので、2020年8月 札幌市図書館に2冊、稚内市立図書館に2冊「涯に咲く」を寄贈させていただきました。9月 国立国会図書館に1冊 寄贈。

  Dsc_0332

| | コメント (3)

2020年6月21日 (日)

本「涯に咲く」 疋田英子 (文・句・写真)

20206月「涯に咲く」と言う本を出しました。

ブログにも載せているので 読んでくださっている方もいらっしゃると思うのですが、ブログも関係ない人もいるので「本」と言うかたちにしました。

私の所属している、俳句結社「樺の芽」(帯広市)に、不定期ですけど書いていたものです。

それを、まとめただけのものですが、大勢の方に読んでいただけると 嬉しいです。

 

「涯に咲く」  疋田英子(文・句・写真)

定価  1600円+税 (発行所:(有)ナチュラリー)

花とのエピソード74編、俳句70句掲載。オールカラー 160ページ B6版

0513__a_20200621094201

Photo_20200621093601

0513__a   

ここで買えます

「サロベツ湿原センター」 (豊富町)(0162-82-3950)

「スポーツマンズ宗谷ロッジ」「食堂 林檎の木」(稚内市沼川)(日曜日休み)(0162-82-3950

「お天気屋喫茶店」(稚内市中央)(月曜日定休日)(0162-24-3452)

 

ネットショップも作りました https://kitanohateka.thebase.in/

お知り合いの方は、直接、花柄にお電話やメールでご連絡いただければご注文承ります。

| | コメント (2)

2020年6月 5日 (金)

新刊「鳥たちの365日」富士元寿彦(著)

このたび、北海道新聞社より 凄い本が出た!

それは、素敵!とか素晴らしい!というレベルのものではない!凄い!だ。

表紙は、私の想像は外れた。意表をつく「オジロワシの若鳥」の精悍な顔。

鳥たちの365日は、「富士元寿彦の365日

フィールドに出て撮影した日数そのものだ。

富士元寿彦さんは、写真歴 50年。

現在は、67歳 サロベツ生まれ、サロベツに住みながら サロベツ原野限定の動物、野鳥、花、景色、を撮影。

サロベツの申し子だ。

著書は この本で27冊目。TV出演(取材協力も含む)多数。

年齢を重ねるたびに いい本を出す。

この本は、この50年の集大成のようにも見えるが 虎視眈々と次の構想も練っているはずだ。

絶対そうだ!現在進行形の富士元さんだ。

バードウォッチャーだけでなく、すべての人に読んで(見て)頂きたい本だ。

(疋田英子 記)

365

A0152663_19204335

(写真は富士元寿彦ブログ「サロベツ発」から許可を得て掲載)

 

<6月13日発売>

定価 2,420 (本体 2,200円+税)

出版 北海道新聞社 (お近くの書店のほか、北海道新聞社の本のHPAmazonで購入できます。)

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

オバパワー倶楽部 サロベツ人気UP作戦2020

2020

 

本日、この観察会を中止とすることにしました。

依然、新型コロナウイルスの猛威が収まらず やむなく オバ(希林)と言えど 中止にすることにしました。

悔しいです。

でも、来年のポスター(来年もやるのか)撮影のため オバだけは集まります。

そして、オバだけが楽しみます。よろしく!

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

平成31年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰

平成31年4月17日 平成31年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣賞を受賞致しました。31年度の表彰は(個人22件、団体14件)36件。疋田は、「いきもの環境づくり・みどり部門」(6件)の中の1人です。

功績概要は「30年にわたり、利尻礼文サロベツ国立公園パークボランティアとして、外来種駆除活動やエゾタンポポの調査、野鳥の飛来状況調査などを通じて道北の自然の変化を把握・発信を行うほか、野鳥の会やネイチャーラブ最北においても鳥類観察会や森づくり活動を行うなど、自然とのふれあい及び普及啓発活動に尽力」

ただただ長く自然が好きで 自然に親しんで来ただけの私です。その大好きな花を、野鳥を守りたいと思って活動して来ました。活動しているうちに大切な仲間にも出会いました。思ってもみなかった大きな賞です。これも、いつも指導してくださった環境省の稚内自然保護官さんや、パークボランティア、日本野鳥の会道北支部、昨年閉会しましたが「ネイチャーラブ最北」の仲間たちの存在があってこその受賞です。皆々様に心から感謝申し上げます。

写真(1)記念写真撮影

13650

写真(2)原田環境大臣と(大臣も北海道出身なのだそうです)

15-580

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

平成最後のオバパワー観察会

2019_1

すみません。

本日、気がつきました。27日(土)ではなく28日(日)でした。皆さん、28日に来てね。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

「自然観察一泊旅行」ちょい旅 姥百合の会(2018年の報告)

おっと、順序が、、、 こちらが先でした。昨年(2018)結局、平成最期の「観察旅行」でした。

写真(1)5月15日「利尻自然公園」にてエゾヤマザクラと姥桜

01650

写真(2)6月19日 礼文にて「トド島」を眺める

02-650_1

写真(3)7月3日(下沼駅にて サロベツの旅 無人駅をたずねる)

03-580

写真(3)8月2日 オホーツクの旅 中頓別の鍾乳洞に入ってみる

04-580

 

 

| | コメント (0)

「自然観察一泊旅行」ちょい旅 姥百合の会(2019)

昨年、立ち上げた「ちょい旅 姥百合の会」の報告と 今年の予定をUPしておきます。

いきなり?の計画だったのにもかかわらず 大勢の人が参加してくださいました。感謝です!特に、九州の友人「トビちゃん」の参加もありがたかったです。トビちゃんも、すぐに、みんなと仲良くなり 楽しい観察旅行が出来ました。今年もそのような出会いを期待しております。

自然観察一泊旅行 「ちょい旅 姥百合の会」        

代表 疋田英子(HIKITA・HIDEKO)

097-0011 稚内市はまなす1丁目6-10090-7656-2303

~~~~~~ちょい旅 「姥百合の会」~~~~~ 

昨年は、「ちょい旅」にご参加くださいましてありがとうございます!

2019年の日程が決まりました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「利尻島」(定員8人)(あと5人募集)

利尻山を眺めながら利尻島一周(528日(火)~29日(水)

5月28日(火)7:30分(稚内)~9:10分(鴛泊)

5月29日(水)<14:35分(鴛泊)17:45分>稚内(経由便)

宿泊「正部川旅館」(0163-84-2072)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「礼文島」(定員8人)

花の島礼文をゆっくり歩く(619日(水)620日(木))

6月19日(火)7:15分(稚内)~10:05分(香深)(経由便)

6月20日(水)<13:25分(香深)~16:15分(稚内)(経由便)

宿泊「はな心」(01638-6-1648)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「猿払・浜頓別・枝幸」(定員 8人)

オホーツクの自然は大きい(723日(火)~724日(水))

猿払・浜頓別・枝幸・中頓別 (7月23日(火)~7月24日(水))

宿泊 浜頓別 ホテル ウイング(01634-2-4141)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「サロベツ・幌延・天塩方面」(定員8人)

サロベツの夏の終わりを満喫 820日(火)~821日(水))

豊富・幌延・天塩 8月20日(火)~8月21日(水))

宿泊 豊富 ホテル豊富(0162-82-1055)       

-~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○ その土地の博物館・資料館にも行く

○ 温泉も必ず行く

○ レンタカーでまわります(ドライバーは50代)

今のところ暫定ですが、費用は一人3万円前後

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参加希望の方は、早めにお電話ください。

 参加される方には、その都度はがきでお知らせします。   

| | コメント (0)

«「ワシの渡りの観察会」2019.年3月24日